ガコモカホビーズ!!

ゲーム、漫画、映画のレビューや紹介を中心に書くに足らないことを書き連ねる雑記ブログ

【書くに足らないこと】心強くて心細いオンライン

どうも、ねきろむです。

 

自分がゲームを遊ぶようになってもうすぐ20年。遊び始めた当時はまずゲームを持ってない友達が多かったので基本は1人で遊ぶようにしてましたが、小学校の友達とスマブラDXを知ってからは何度も通って遊ぶようになりました。

 

中学はカードゲームにハマり、高校も引き続きカードゲームに没頭。その時ゲームを遊んでいなかったのはCSゲームが同級生の間で全く浸透しておらず、当時大流行したパズドラやモンストでさえあまり詳しい話ができないような環境でした。

 

好きなゲームの話が全くできない苦しい時代が続くも大学でゲーム友達がドッサリ増えました。

 

きっかけはMGS5の話題で盛り上がった友達とMGO3で遊んだのをきっかけにBF4、BF1、タイタンフォールと遊ぶに連れてその友達の友達が友達になるように広がっていきました。

 

一番よく遊ぶ精鋭中の精鋭みたいなメンバーは元々が中学からの友達のメンバーに自分が入っていった感じで、大学も違うので向こうからすればいきなり知らない人間が入ってきたみたいな感じだったと思います。

 

しかも今思えば彼らと実際にあったことがあるのは数える程なんですよ。ほんとよく受け入れてくれたなぁと思います。

 

今はもう広島と横浜で距離が離れて会うこともほとんどなくなってしまいましたがオンラインが当然になったおかげで変わらず楽しく遊べてます。

 

オンラインが普及して一緒に遊ぶのに会う必要がなくなったのは便利ですが、同じゲームを遊ぶために会う必要がなくなったのはなんか寂しい気もしますね。

 

特に遊び終わった後ベッドホンを外して静かになった部屋での時間はちょっとナーバスになります。

 

みんなと遊ぶために広島に帰りたいなぁと思ったしもしなくはないです。

 

自分がやりたいことに向かって進み始めたら寂しさも無くなるのかなぁ…