ガコモカホビーズ!!

ゲーム、漫画、映画のレビューや紹介を中心に書くに足らないことを書き連ねる雑記ブログ

【商品レビュー】BeatsXを紛失したので腹いせにダメなところを語ろう

どうも、ねきろむです。

 

先日BeatXを紛失しました。

購入しておよそ8ヶ月という短い期間でしたが、実家に帰ったタイミングで紛失しました。忘れた場所は把握してる物の取りに行ける距離じゃないし確認した時点ですでに亡くなってたので恐らくその日のうちにパクられたんでしょう。

 

まぁいいよ。結構不満があったし買い替えるつもりだったし。

というわけでサヨナラBeatX記事として、BeatXのダメなところを上げていこうと思います。

 

初期のレビューはこちらから

gacomocahobyys.hatenablog.com

 どうでもいいですけど肌質が良くなってることに気付きました。

 

 

 

1.自動電源オフが無い

今回のメインは最初の3つぐらいで、残りは後になるほどこじつけといっても過言ではないかもしれません。それでもとにかく許せないのが最初の3つ。

 

今時3000円ぐらいのワイヤレスイヤホンでも自動電源オフ機能がついてるのに何故かBeatXにはありません。

 

お前が電源オフを習慣化すればいいだけの話だろうって思われるかもしれないんですけど何かの拍子に電源を切り忘れて使おうと思ったら電源が無いなんてことは忙しい日はほぼ毎日のようにありました。

 

そこは超高速給電がカバーしてくれなくもないのですが使いたい時に使えないことが割と頻繁にあったのは自分の中では大きな不満です。

 

自動電源オフさえあれば解決する話なのに何故付けなかったのか。

 

 

2.本体が長すぎる

BeatX最大の不満です。

これによる弊害はとにかく大きく

  • 見た目がダサい
  • 頻繁に襟に引っかかる
  • 左右の長さが偏る
  • 充電に場所を取る
  • 激しく動くと余ったケーブルが顔に当たる

自分が買い替えようと思った最大の理由は見た目のダサさと襟に引っかかりまくることです。それぐらい酷いです。

f:id:nekirom842:20190106190046j:plain

付け始めたときの画像がこれですね。

 

これだけ余ってるので普通に歩いてるだけで左右に揺れますし、ジムで走ってるときなんか顔に当たりまくって集中できません(そもそも防水じゃない)。

 

なんでこんなデザインにしたんだろう。

 

f:id:nekirom842:20190106185813j:plain

ちなみに前に付けるとこんな感じ。

自分は普段眼鏡をネックホルダーにかけているのですがこれのせいでかけられなくなりました。

 

3.左右が分かりにくい

8ヶ月使ってもたまに間違えてたぐらい左右が分かりにくいです。

一応うっすらと表記はあるのですが、左右の見た目がほとんど変わらないのでなんとなくつけてみると逆だったという事は月に1回以上は確実にあったと思います。

 

一応別売りのイヤーフックを買うという手もあるのですが、最初からそれやっとけよって感じなんですわ。

 

この小さなストレスをデザインで解決できなかったのだろうか・・・

4.充電口がむき出し

ここからはいちゃもんといえばいちゃもんですが自分にとっては一つ一つが小さなストレスでした。

 

f:id:nekirom842:20190106185855j:plain

防水使用でないとはいえ充電口にカバーが無いのはいかがなものかと思います。

雨が降った時にこれがあるせいでちょっとも安心感が無いのはキツイ。

 

あと夏場汗をかいたりするとこの中に浸水しないか非常に心配。

 

5.イヤーピースの大きさが微妙

イヤーピースは標準でついていうものより小さいものが2種類、大きいものが1種類ついてました。

f:id:nekirom842:20190103023323j:plain

一通り試しましたがちょうどいい大きさがありませんでした。

標準サイズはスカスカですし、その次の大きさはギュウギュウ。

 

結局一番大きいものじゃないと外れるので一番大きいもににするも外すたびに吸盤をはがすようにそこそこのパワーが必要なのが結構面倒。

 

というか人生で初めてイヤーピースにちょうどいい大きさがりませんでした。

 

6.起動の有無が分かりにくい

そもそも電源ボタンのクリック感がほとんどないので電源ボタンを押せたかも怪しい。そして接続が完了した時にだけ音が出るのでちゃんと起動したのかも不明。さらに言うと充電不足の時も電源ボタンのランプが光るだけなので一度外さないとわからない始末。

7.音がこもりがち

Beatといえば重低音ですが、聞いていた曲の相性が悪かったのか音が随分遠くに聞こえる印象でした。そのため常に最大音量で聞いてました。

8.そんなに起動が早くない

起動の有無が分かりにくいというところにも関係するのですが、起動して接続するまでの時間は普通のワイヤレスイヤホンと大して変わらない感じがします。

 

それどころか押した長さによってペアリングモードになってスマホ側での認証が必要になってしまったりととにかく面倒。

9.音が途切れやすい

横浜に出てきてから特に多いのですが人込みに入るとそこそこの頻度で音が途切れます。横浜駅ならブルーラインを降りて西口に出るまでに最低でも3回は途切れてる感じがします。

 

酷いときはもっとぶつぶつ。

10.接続のムラが多い

BeatXでペアリング完了の音が出てるのに出力が切り替わってないことは結構な頻度でありました。

 

自分は外出中人と話す時間を除いてずっと音楽を聴いており、通勤時間は絶対に音楽を聴きながらじゃないと気持ちよくスタートできないぐらい外出中の音楽鑑賞を大切にしているのですが、この接続が上手くいかないせいで立ち止まってスマホ側からペアリングしなおすという作業のせいでうまくスタートが切れないことがしばしば。

 

無くす前の1週間は毎日起きてましたね。

 

 

 

最後に

最初のレビューのタイトル通り自分の中では憧れの一つでありワクワクしながら買ったがゆえにその使いづらさのショックはかなり大きいものでした。

 

もちろんいいところが無いとは言わないのですが、絶対このストレスを感じないもっと安いイヤホンがあると思うと悔しい反面まぁまぁお値段するので不満を持ちながら使い続けてきました。

 

そんなBeatXを無くしたので新しいイヤホンを買ったのですがそのイヤホンの話はまた次の記事でするとしましょう。

BeatsX ワイヤレスイヤホン - ブラック

BeatsX ワイヤレスイヤホン - ブラック